備忘録的な @7wk

phpとjavascript系をメインに扱っていく予定。

fuelphpが1.6になったのでcomposerでパッケージを追加してみた

fuelphp1.6も正式版になったので
composerで何か入れるサンプルでもメモついでに試してみる。
Packagistに公開されていないもので手頃そうな

fuel-language-pack-jaを入れてみます。


composer.jsonの該当箇所に追加

    "repositories":[
        {
            "type": "package",
            "package": {
                "name": "sharkpp/fuel-language-pack-ja",
                "version": "1.0",
                "dist": {
                    "url": "https://github.com/sharkpp/fuel-language-pack-ja/zipball/master",
                    "type": "zip"
                },
                "source": {
                    "url": "https://github.com/sharkpp/fuel-language-pack-ja.git",
                    "type": "git",
                    "reference": "master"
                }
            }
        }
    ],
    "require": {
        "sharkpp/fuel-language-pack-ja": "1.*"
    },

これでコマンドラインから下記のコマンドでインストール完了。

php composer.phar update

あとはconfigを修正

<?php
return array(
    'language' => 'ja',
    'always_load' => array(
        'packages' => array(
            array('fuel-language-pack-ja' => APPPATH.'..'.DS.'vendor'.DS.'sharkpp'.DS.'fuel-language-pack-ja'.DS),
        ),
    ),
);

これでValidationのメッセージが日本語になりました。
composerは楽ちんでステキ。